くせ毛と一生つきあうということ。

くせ毛といっても人によって想像する程度はきっと全然違うかもしれませんね。

生まれつきのくせ毛、それもいろいろなパターンがあるのです。

ストレートに近いけれどサラサラストレートになりきれないくせ毛。

しっかり剛毛で梅雨時に広がりやすいのが悩みのくせ毛。

細くてコシがなくてふわふわ広がってまとまらないくせ毛。

人によってくせ毛の悩みは千差万別といってもいいでしょう。

子供の頃から気にしているくせ毛の人は、きっと今まで色々試してきたことかと思います。

ストレートパーマ、縮毛矯正、ヘアアイロンなどの手技や道具、シャンプーにコンディショナー、ヘアパックやオイル、トリートメントなどのヘアケア用品と、数えきれない選択肢があって、憧れのストレートヘアになるために片っ端から手を出してしまいたくなります。

例えば縮毛矯正。初めて知ったときには「これを発明した人はノーベル賞をもらえる価値がある!」と本気で思ったものでした。

あんなに憧れて、でも自分の髪では絶対実現しないと諦めていた「天使の輪」のあるストレートヘアが実現したのですから!

また、美容室でしか見たことのなかったヘアアイロンも今では家電量販店に大量の種類が並んでいます。

ちょっとやそっとの努力ではサラサラにならないと分かってはいても、この中のどれかはきっと魔法のようにサラサラまっすぐを実現してくれるはず、と思わずにはいられません。

でも縮毛矯正は半年に一回時間とお金をかけて維持しなければいけないし、ヘアアイロンも毎日使っていると髪の傷みが気になってきます。

髪質によっては朝の努力でサラサラに出来た満足できたのに、外に出たら天気や湿度によって数時間も維持できなかったりすることもありますよね。

そんな日はなんとなく一日ブルーな気持ちになってしまいます。

鏡の中に映ってどうしても気になる、理想通りにならない髪にイライラしてしまうことも、多くの女性にあるあるですよね。

長い間いろいろ試してきて、例えばこんなことに気付くことはありませんか?

サラサラストレートヘアに憧れているし、縮毛矯正でそれを叶えてみたけれど、その髪型の自分を鏡で見ると、なんとなく違和感を覚えるというようなことです。

ライフステージが変われば、髪型に時間やお金をかけていられない時期も出てきますよね。

そんなときにふと、くせ毛のままの自分の姿が妙にしっくり思えることもあったりします。

ああ、自分はくせ毛ごと、この姿かたちで生まれてきたのだなあと、妙に納得する瞬間が訪れる、そんな瞬間が訪れるかもしれません。

もちろんそれでくせ毛が扱いやすくなったり、湿気で広がることがなくなることもないのですが、

ただ少し自分を見直したり、自分自身を好きになれたりする発見があったら素敵ですよね。

髪質が変わることはなかなかありません。基本の髪質はきっと一生つきあい続けることになると思います。

悩みも多いですが、自分の個性のひとつと受け入れて、くせ毛と上手に付き合っていけたらいいですね。

長く悩んだ中で自分に合うヘアケア用品や、自分のくせ毛を理解してくれる美容師さんに出会えたり、「自分の顔」といえる髪型に出会えたなら、それは「天使の輪」くらい幸せなことでしょう。