わたしの肌の変化について

思い返すと小学生の頃からニキビ肌でした。しかし当時は肌に関してあまり興味がなく、周りの大人達も思春期が終われば治ると言っていたので悩んではいませんでした。肌の様子に悩みだしたのは中学生の2年くらいでした。中学生くらいになると、見た目を気にしだし周りの子の肌が綺麗なのを見て悩みだしました。

ととのうみすと

皮膚科にも通いましたが全然治りませんでした。

振り返ってみれば、不規則な生活に、ファストフードばかり食べていたことも原因だったと思います。高校生になるとさらに悩むようになりました。中学生の頃より美容に興味を持ち、綺麗な肌の子と比較して病むようになりそれがさらに悪化させてしまったと思います。肌の綺麗な子が、ニキビができたなどと言っているのを見るのがかなり辛かったです。ネットで良いと言われているアイテムや、友達が使っているコスメや、スキンケア用品を使ってみても改善されることはありませんでした。

少しづつ肌が変わったのは皮膚科を変えたことが大きかったと思います。新しく通い始めた皮膚科でケミカルピーリングに通うようになり、少しづつ良くなっていきました。ピーリングや、病院で買ったピーリング石鹸や塗り薬を試していくうちに、かなり良くなり大きいものはできなくなってきました。

顎周りがあれることが多く、あとが残ってしまうことに悩んでいました。美白の薬や、美容液などを使ううちにあとも目立ちにくくなり、コンシーラを使わずファンデーションのみでカバーできるようになりました。何事も継続していくことが大事だと実感しました!まだ、美肌とは言えないのでこれからも続けていきたいとおもいます!