子どもと大人の髪質が変わります!その理由とは?

子どもの頃はストレートだったのに…大人になったらくせ毛?そして、子どもの頃はくせ毛だったのに大人になったらストレートに?

大人になると変わるの?

これを解決するために『科学』がある。

この現象には「成長」と「髪の太さ」が関係が深い。

「第一次性徴」と「第二次性徴」が関係している。

赤ちゃんから成長し、小学校・中学・高校・・・と成長していく中で、1~12歳が一つの区切り。この頃までは「髪の太さ」もまだ「子供」ですので、髪も「細い毛」。

ちょうど第二次性徴に入る13歳以降に男女とも体が「大人」へと変化していくと同時に「髪の太さ」も「太い毛」に成長する。

この髪の太さが成長するにつれて変化していきます。

子どもと大人の髪の違いとは?

子供と大人では、成長過程の子どもの髪質と成長しきった大人の髪質がの太さが異なるため、適切なヘアケア方法が異なります。

子供の髪は大人の髪と比べてみると、見た目でもわかるようにフワフワとして柔らかい。

そのため外部からの刺激にもとても敏感で弱いため、より繊細なヘアケアが必要とされます。

子どものためのヘアケア

最も重要になってくるのは使用するシャンプーです。

子供のシャンプーには下記の原因になる危険がある!

「乾燥肌」

子供に使用しているシャンプーの洗浄力が強すぎるものもある。そして、シャンプーの回数が多すぎると起こる頭皮トラブルもある。

痒みも併発しやすい。乾燥肌が原因でしょう。

お湯で数日洗い、シャンプーをつけないことがベスト。

効果あり?トリコレの温感ヘッドスパトリートメントをお試しした私の口コミ!

「髪の絡まり」

子供の髪は細く柔らかいため、絡まりやすい。そのため、シャンプー前にブラシで優しくブローしてから、シャンプーをしても絡まりを予防。

「頭皮のベタつき」

シャンプー後の洗浄をしっかり出来ていない時に起きやすい。また、シャンプーが肌質や髪質に合っていないこともある。

「乳児脂漏性湿疹」

低年齢の子供に生じる湿疹、フケ、異臭などの症状が現われる。シャンプーの刺激が強すぎることが原因!

子どものシャンプー方法

1.ブラッシングをして絡まりを予防しやすいように解かしながら髪の汚れを軽く落とします。

2.ぬるま湯のみで洗う。温度は30度前後がベスト。

そして摩擦をなるべく与えないように!指の腹で優しく洗髪。

3.流す時はシャンプーが残らないように、しっかりすすぐ。

4.ドライヤーで乾かします。

子供の髪から30センチほど離し、熱によるダメージを避けて乾かすといいでしょう。