お肌のたるみとお味噌汁の関係

お肌がたるみは日々の食習慣が原因になっている方も少なくありません。中医学では「脾(ひ)」という胃腸系のシステムが元気だとハリのなるお肌のハリも損なわれてたるみやすくなるとされています。この脾の元気が損なわれる原因は、冷たい食べ物や飲み物、辛い物や揚げ物を食べる頻度が多いことや、いつでもお腹いっぱいになるまで食べることが原因です。

ちゅらかさなを継続する効果

化粧品等による外からのアプローチだけでなく、このような食習慣を改善して体の内側からのアプローチを意識するには持続可能な方法で無理なく続けるのに最適なのがお味噌汁です。脾の元気につながる調理法は「蒸す」、「茹でる」、「煮る」なので、体を温められるお味噌汁はお肌の素となるたんぱく質が摂取できるお米との相性も抜群の理想的な汁物と言えます。

お味噌汁を作る際には、具材はできるだけ小さめにカットしておくとさらに理想的です。小さめの具材にすることで消化しやすくなり、脾の働きをさらに高めることができます。例えば、脾の健康をサポートしてくれるだけではなくエイジングケアにもつながる山芋を使った白菜と鶏肉入りで生姜を加えたお味噌汁等は体を内側から温めることにもつながって一石二鳥の美容効果満点のお味噌汁です。