黒髪を貫いていたけれど茶髪に染めてみたら…

私の髪の毛はかなり濃いめの黒髪です。唯一こめかみの部分のみ少し色素が薄く陽に当たると茶色っぽく見えますが、美容師さん曰くこの部分は比較的多くの人が茶色いそう。黒髪である事自体は気に入っていますし自分自身としては似合っていると思っています。

エメリルオイルの効果が評判以上!

しかし!毎年夏になると染めたくなるのです…そう、とにかく黒髪は頭が暑い!当たり前ですが黒は光を吸収するので屋外で日に当たるとすぐに熱くなってしまうのです。帽子をかぶれは和らぎますがやはり暑い…以前暑さのあまり髪の毛を染めたことがあるのですが、体質的に赤い色が出やすいようで日に当たると赤く光る茶髪になっていまいました。赤い茶髪が嫌すぎてそれ以降染めることはせずひたすら黒髪で過ごしてきたのですがやはり暑い。その上夏に黒髪は重く見えてしまいます。

ついに意を決して今年の夏は染めてみることにしました。以前染めたときに赤が強く出てしまったことを伝え、カラー前に美容師さんと入念にカウンセリングを行い納得の上染めてもらいました。そうすると思ったより赤色が出ないではないですか。そして少し明るい色にしただけですが軽い印象になりました。今まで頑なに染めなかったことを後悔するほどいい感じに仕上がりました。ただ、頭が暑いのは少し明るく染めた程度では解消はされませんでした。これからはもう少し髪色を楽しんでみようと思います。