小学校時代から悩み続けた毛深さとの戦い

小学校低学年から、他の子と毛深さの度合いが違うことに気づいた。
特に気になっていたのは足。私の方がすね毛が長く太かった。側から見れば気にすることでもなかったのかもしれないが、私はそれが恥ずかしかった。足を隠すために年中長ズボンをはいていた。

効果あり?パイナップル豆乳ローションプレミアムの口コミや販売店での市販状況など完全レポート!

私があまりにも気にしているので、母が抑毛ローションを買ってきてくれた。
塗り続けたら、毛が細くなって、生えなくなってきた。部分部分ではあるがツルツルの地肌が見えはじめてきた。
しかし油断をして、塗るのをやめてしまった。もうツルツルの部分からは二度と毛が生えてこないものだとおもっていた。そうしたら、フサフサの足に戻ってしまった。

中学生になって、抑毛クリームを毎日塗るのが面倒になり、シェーバーを使うようになった。こちらのほうが手軽に除毛できた。
しかし、シェーバーでは背中や肩の毛がうまく剃れなかった。ワキももちろん剛毛で、黒いブツブツがいつも残る。ならば、市販の除毛クリームでなんとかしようと試みたが、クリームの臭いがきつくて結局使えなかった。
このせいで、ノースリーブや背中が大きく開いている服は着れなかった。

学生の頃は、社会人になってお金を貯めたら、永久全身脱毛をしようと決めていたのだが、なかなかお金が貯まらない。そしていざ脱毛サロンに行く余裕ができても、億劫でいつも行かない。

結局今もシェーバーで除毛している。