カテゴリー: ダイエット

18時以降食べないダイエット

食事をぬいてのダイエットや置き換えダイエット、例えばさつまいもだけずっと接種するダイエットをして痩せることはできますが、一時的なものであり、やめたときの反動のリバウンドはすごいです。また食生活が偏ったものになるので肌質や髪質は悪くなり、体調を壊してしまいます。

グラマラスパッツを購入

私が試したのは朝食をシリアルオールブラウンに置き換えるもので、味が甘くもなく細長いシリアルで牛乳をかけても味がしませんで、ダイエット効果は少しでした。一キロ痩せるのが精一杯でした。お粥を少量を一食にして、断食にちかい食生活をしても、頭の回転が遅くなったりフラフラしてしまいました。

体重は二キロおちるぐらいでした。18時以降食事をしないと決めて生活をしてみると、ストレスはほとんどなく、好きなものも普通に食べても問題がないので、わたしには効果的且つ楽なダイエット方法でした。効果は、徐々にやせていくものでした。

数字ではすこしずつでしたが、継続することで2ヶ月で三キロ痩せました。食べたら運動しなければとかも考えずただ18時以降は何も口にしないとするだけでしたので、わかりやすいものでした。芸能人の幸田來末さんがこのダイエットをして痩せたときいて、試してみました。

39kgから73kgへ、現在は適正体重の60kgまで戻した話

僕は27歳のサラリーマンです。http://corkswinecobluffton.com/

現在の会社へ就職して10年になります。

その前に働いていた料理人の世界は、驚くほどのブラック企業で食事を摂る暇も無いほどでした。

まともに食事を摂ることも出来なかったため、僕は身長167cmにして体重は39kgでした。

精神的にも体力的にも限界を感じ料理人の道を諦めてサラリーマンになりました。

すると、これまで普通に食事を摂ることが出来なかった反動なのか、毎日暴飲暴食を繰り替えし、3年間で30kg以上太り、ついには最高体重の73kgを記録しました。

それでも僕は食べることを辞めず、おまけに運動も全くしませんでした。

会社で行われる健康診断の判定も年を重ねるごとに悪くなりました。

そんな僕に転機が訪れました。

転勤により実家を離れることになったのです。

元々、料理人をやっていた僕は自炊することが全く苦になりませんでした。

それどころかサラダ中心の生活を始めると、元料理人の血が騒ぎ、ドレッシングも自作する様になったのです。

これを半年続けたあたりから、自宅で筋トレをする様になりました。

筋トレを始めた理由は、ぽっこりお腹は出ているものの胸や腕、足なんかは驚くほどに細かったからです。

それから、身体の大きな筋肉を使うことで脂肪燃焼しやすくなる。と聞いたからです。

この生活をさらに1年間続けた僕は60kgまで体重を落とすことが出来ました。

体重を落としたからといって今の食生活や筋トレを辞めるつもりはありません。

何故なら、短期間で劇的に痩せた訳では無いからです。

日々の小さな継続や積み重ねが1年後、2年後、もっと先の自分を作っていくのだと感じました。

ダイエットに限らず、人生という大きなテーマの中でも大事な気付きになりました。