カテゴリー: ヘアケア

髪の毛量の多さ、剛毛さ

今までに一度だけロングにしたことがあります。ですが元々毛量が多く、髪質は硬め、多少のうねりがあり、ロングにするとなんとなく汚く見えてしまいます。そのため、それからはショート~ミディアムヘアしかしたことがありません。毛量が多い為、美容師さんに「将来はげる事はないね」と言ってもらえますが、現在の髪の手入れがとても大変です。

エメリルオイルは評判以上!

髪に合うシャンプーやトリートメントを探し、ヘアオイルを使ってみたりと、色々試しています。ですがお金はかかるしなかなか良いものに出会えません。また、パーマやカラーをしてみたいのですが、今以上に髪の毛を痛めるのが怖い為なかなか勇気が出ません。また、同じく髪質の硬い友人から「パーマが取れやすい」という話を聞き、自分もそうだろうなと感じました。

髪を乾かす際にもタオルドライをしっかりし、ドライヤーは頭皮から乾かし、最後は冷風を当てるようにしていますが、乾かし終わったら髪が広がります。それを抑えるためにヘアゴムでしばってみるとあとが付き寝ぐせのようにうねったりはねてしまいます。髪のツヤを出したいと思いますが、ドライヤーの方法やトリートメントをしてもなかなか改善されません。サラサラストレートにも憧れますが、髪質的にきれいに見えず、広がってしまい、朝しっかりセットしたつもりでも夕方にはほぼ落ちてしまいます。

子どもと大人の髪質が変わります!その理由とは?

子どもの頃はストレートだったのに…大人になったらくせ毛?そして、子どもの頃はくせ毛だったのに大人になったらストレートに?

大人になると変わるの?

これを解決するために『科学』がある。

この現象には「成長」と「髪の太さ」が関係が深い。

「第一次性徴」と「第二次性徴」が関係している。

赤ちゃんから成長し、小学校・中学・高校・・・と成長していく中で、1~12歳が一つの区切り。この頃までは「髪の太さ」もまだ「子供」ですので、髪も「細い毛」。

ちょうど第二次性徴に入る13歳以降に男女とも体が「大人」へと変化していくと同時に「髪の太さ」も「太い毛」に成長する。

この髪の太さが成長するにつれて変化していきます。

子どもと大人の髪の違いとは?

子供と大人では、成長過程の子どもの髪質と成長しきった大人の髪質がの太さが異なるため、適切なヘアケア方法が異なります。

子供の髪は大人の髪と比べてみると、見た目でもわかるようにフワフワとして柔らかい。

そのため外部からの刺激にもとても敏感で弱いため、より繊細なヘアケアが必要とされます。

子どものためのヘアケア

最も重要になってくるのは使用するシャンプーです。

子供のシャンプーには下記の原因になる危険がある!

「乾燥肌」

子供に使用しているシャンプーの洗浄力が強すぎるものもある。そして、シャンプーの回数が多すぎると起こる頭皮トラブルもある。

痒みも併発しやすい。乾燥肌が原因でしょう。

お湯で数日洗い、シャンプーをつけないことがベスト。

効果あり?トリコレの温感ヘッドスパトリートメントをお試しした私の口コミ!

「髪の絡まり」

子供の髪は細く柔らかいため、絡まりやすい。そのため、シャンプー前にブラシで優しくブローしてから、シャンプーをしても絡まりを予防。

「頭皮のベタつき」

シャンプー後の洗浄をしっかり出来ていない時に起きやすい。また、シャンプーが肌質や髪質に合っていないこともある。

「乳児脂漏性湿疹」

低年齢の子供に生じる湿疹、フケ、異臭などの症状が現われる。シャンプーの刺激が強すぎることが原因!

子どものシャンプー方法

1.ブラッシングをして絡まりを予防しやすいように解かしながら髪の汚れを軽く落とします。

2.ぬるま湯のみで洗う。温度は30度前後がベスト。

そして摩擦をなるべく与えないように!指の腹で優しく洗髪。

3.流す時はシャンプーが残らないように、しっかりすすぐ。

4.ドライヤーで乾かします。

子供の髪から30センチほど離し、熱によるダメージを避けて乾かすといいでしょう。

くせ毛にとても悩んでいます

私の髪の毛の質は、いわゆる天然パーマ(天ぱー)でとても癖がある髪質です。スーパーなどに行くと、髪質のことでよくおばちゃんに声をかけられます。「あんた、よい髪してるね。パーマ代がいらないね。うらやましい・・・」。

http://missdekiruko.com/

本当によく同じようなことを、別のおばさんから声をかけられます。うらやましいと言われても、天然パーマである自分にとってはコンプレックスで、とても嫌です。普通に髪を伸ばしてみたいし、分け目を綺麗につけて整えたいけども悲惨な状況になります。見た目も、清潔感に欠け、バイトの面接で落とされたこともあります。天然パーマで30年過ごしましたが、もう耐えられないと思い、夢のストレートパーマをかけてみることにしました。

とてもドキドキしながら、美容師さんに「これをお願いします。」とストレートパーマの注文書を手渡したときの緊張感はとても、文章では書き表せません。

2時間ほどして、完成。出来栄えは・・・ ツンツン傘を頭にかぶっているみたいな仕上がりでした。これは想像していたのと違い、とても違和感がありました。見慣れてないだけか、もしくは本当に失敗かとても悩んだのですが、やってしまったものは仕方がないとあきらめ、日常をストレートパーマで過ごすことにしました。あまりにも印象が変わったため、みんながあえて話題にしないところがとても痛かったです。

50代の髪の悩み

50代になると、閉経もあってか肌や髪など自分でも鏡を見たくなってしまいます。テレビの通販の宣伝で今の自分の姿を見て泣きそうな顔をしているどこかの奥様の姿を見ることがあります。わかっているけど写真でこれだけはっきり見せられて目をふせたくなるのもとってもよくわかります。自分で好きでなっているわけではないし抵抗のしようがないことなんですもの。

http://bastien-japan.main.jp/

私は、毎日会社で忙しい毎日を送っています。朝トイレ掃除から始まりフロア掃除などルーティーンをこなしていきます。男性はいつものこととして当たり前の日常としてとらえているようです。誰も何も言ってくれません。40代から白髪や抜け毛がだんだん増えてきて髪のボリュームもなくなってきました。髪の毛一本一本が細くなりここ最近頭頂部が薄くなってきました。

デスクに向かって書類を作っていると、「どうしたの。家でなんかあったの?大変だね。頭が薄くなあったなあ。」と言われてしまいました。なんとストレート。自分でもわかっているけどこれだけはっきり言われるとは。「ありがとうございます。いろいろあるんです。」とか言いながらその場を乗り切りましたが本当に悔しい。

こんなことにはへこたれない強靭な精神力を持っていたらと思います。

年齢を重ねることを自然のこととして受け取るということも大切だと思います。

でもいくつになっても若々しくありたいという気持ちは年とともに強くなっていくような気がします。

髪のケアは髪だけにあらず

髪質としては、硬め、量は多め、ダメージには比較的強めの髪質です。しかし、長年のカラーダメージや子供ができてからは公園遊びによる紫外線の影響により髪質は更に硬く、毛先は広がりやすくなっていました。

http://www.biroussan.com/

そんなときに誕生日にヘッドスパのチケットをプレゼントで頂き試しに行ってみることに。美容院なのに着替えが用意してあり、少し戸惑いましたがすぐにその理由がわかりました。炭酸水で頭を洗いながらデコルテラインや腕までリンパを流ししっかりほぐしてもらえるのです。気持ちよくて寝てしまいそうでしたが、この気持ち良さをしっかり体感したく必死に起きていました。

施術後は体はポカポカ暖かく、頭皮は光っているのでは!?と思うほど真っ白になり、頭皮自体もよく動くように。心なしかフェイスラインまで上がっている気がしました。そして髪の毛は驚くほど柔らかい。今まで髪質は硬いことが強くて良いと思い込んでいましたが、柔らかいとまとまりが良く扱いやすくなりました。高いトリートメントを自宅で毎日使用するより遥かに艶も長持ちしました。マッサージと違い、もみ返しもないので翌日も体が軽く過ごすことができました。

髪を健康にするには、髪に使用するものを見直すだけでなく頭皮を健康に保つこと、リンパを流すことが大事であると実感しました。

髪のハリとコシが無くなってしまった

 アラフォーになり、髪の毛の元気が無くなってしまいました。ハリもコシもボリュームも無くなり、何やらペチャンコになっています。鏡を見ると、誰か知らないオジサンが映っています。

アラフォーまで生きてきましたが、髪型の重要性にはもちろん気づいていました。

顔が少々悪くても、髪形である程度はフォロー出来るんですよね。しかし、その髪型さえも決まらないと、単なる冴えないオジサンしか残りません。

http://www.hoppsandwoolf.com/

部屋を見回すと10代の娘がぷりぷりとしたロングヘアーをなびかせ歩いているではありませんか。凄い艶です、あれが噂のエンジェルリングでしょうか。ボリュームも凄くて、何もしなくてもふんわり盛っております。

私も若い頃のフサフサピンピンの髪を目指して色々と試行錯誤をしてきまが、願い叶わずです。

・偏った食事が良くないのでバランスよく食べる

・睡眠時間は長めに

・ストレスのない生活をする

・風呂上りは頭皮までしっかりと乾かす

・数千円するシャンプー、整髪量を使う

駄目でしたね…老化という最強のカードを手に入れてしまったのですから。

ただ一つ希望があるとすれば美容室でしょうか。ハリとコシが無くても、うまくまとまるような髪型にカットしてもらう事でしょう。若い頃と比べて、ワックスのつけ方も変わってくるので腕の立つ美容師さんに出会う事も大事かもしれません。

乾かし方で髪質は変わる!

なんで私の髪の毛はこんなにバサバサなんだろう
美容室へ行った次の日自分で髪の毛を乾かしてあれ?と思った経験はありませんか?

評判以上!クイーンズバスルームの薬用ヘアソープを使用した私の口コミ!

私がまさにそうでした
美容室に行って髪の毛をきれいに整えてもらった翌日。お風呂上りに髪の毛を乾かした後、
「あれ?昨日はもっとまとまっていたのに!」と毎回衝撃を受けていました
そしてそれを、「美容室は高いシャンプーを使っているからまとまっているだけなんだ」と決めつけていました・・・。
美容室で施術を受けているときもいつも私は雑誌や携帯をみていて、美容師さんがどのように髪の毛を乾かしているかなんて全然見ていませんでした

私がもともと行っていた乾かし方を書きます・・・
①ドライヤーが面倒くさいので水分が少しとぶまで自然乾燥をする
②お風呂上りから乾かし終わりまで一切クシを使わない
③洗い流さないトリートメント等を一切使わない
このみっつです。一つくらい当てはまる方いるのではないでしょうか・・・
これをすべてやめただけでも大分髪質がよくなりました。

お風呂から上がって濡れた髪を放置すればするほど髪は傷んでしまいます。そのためスキンケアをしたらできるだけ早めにドライヤーに取り組みましょう!
そして髪の毛を乾かすときに、洗い流さないトリートメントをつけて乾かすとびっくりするくらいしっとりまとまります。
そして髪の毛が絡まっていると乾かすときにこすれて痛みの原因になってしまうため、クシでとかして乾かしましょう。
もともと何もしていなかった私からしたらちょっと面倒だったのですが、髪質がよくなると本当に髪の毛にかかる時間が少なくなるんです!
寝ぐせも付きにくくなったり、セットする時間も少なくなりました・・・
初心者向けではありますが、だれでもすぐ始められることだとおもうのでぜひ試してみてください♪

嗚呼、愛しの天然パーマネント

私は天然パーマだ。

天然。それは生まれながらの。

オンギャアとこの世に生を受けた瞬間から、私の剛毛針金ウネウネヘアー人生が始まった。

父はちょっとくせっ毛で、母はまあまあのくせっ毛。

マイナスとマイナスでプラスになったのかはどうか知らんが、そんな二人が合わさってできた私は、超が付くほどの天然パーマ。

小学校のプールの授業が大嫌いだった。だって学校にドライヤーないじゃん。

林間学校が大嫌いだった。だってドライヤーで念入りに髪を乾かす時間もらえないじゃん。

風呂の時間が30分ってありえないからね。髪乾かすだけで30分なんですよ、こちとら。

なんで他の女子は濡れたままの髪で無邪気に笑ってられるんだろう。

なんでドライヤーに固執してないんだろう。

サラサラロングヘア―?なんだそれ。

お母さんが毎朝編み込みしてくれる?ふーんよかったね。

髪が細くて絡まる?ふざけないでいただきたい。

濡れた状態から、「自然乾燥」というセカイイチ怖い四字熟語で乾きつつある、うねり猛る前髪を必死で抑えて筆算を解く4時間目。その悲哀。

給食の準備で盛り上がる教室から飛び出してトイレに駆け込み、前髪をビシャビシャと濡らした後の鏡に映った自分の顔。その屈辱。

あれから私も大人になって、絶対に飼いならすことなんて不可能と思っていた自分の髪と、なんだかんだでうまくやっている。

美容室で「パーマあててます?」と聞かれることにももう慣れた。

「えっ?天然パーマですか。素敵。いい感じにカールしてて可愛いですね」

そう言ってもらえることにはまだちょっと慣れていない。

でも心の中でそっと思ってるよ。

「そうでしょ」って。

くせ毛と一生つきあうということ。

くせ毛といっても人によって想像する程度はきっと全然違うかもしれませんね。

生まれつきのくせ毛、それもいろいろなパターンがあるのです。

ストレートに近いけれどサラサラストレートになりきれないくせ毛。

しっかり剛毛で梅雨時に広がりやすいのが悩みのくせ毛。

細くてコシがなくてふわふわ広がってまとまらないくせ毛。

人によってくせ毛の悩みは千差万別といってもいいでしょう。

子供の頃から気にしているくせ毛の人は、きっと今まで色々試してきたことかと思います。

ストレートパーマ、縮毛矯正、ヘアアイロンなどの手技や道具、シャンプーにコンディショナー、ヘアパックやオイル、トリートメントなどのヘアケア用品と、数えきれない選択肢があって、憧れのストレートヘアになるために片っ端から手を出してしまいたくなります。

例えば縮毛矯正。初めて知ったときには「これを発明した人はノーベル賞をもらえる価値がある!」と本気で思ったものでした。

あんなに憧れて、でも自分の髪では絶対実現しないと諦めていた「天使の輪」のあるストレートヘアが実現したのですから!

また、美容室でしか見たことのなかったヘアアイロンも今では家電量販店に大量の種類が並んでいます。

ちょっとやそっとの努力ではサラサラにならないと分かってはいても、この中のどれかはきっと魔法のようにサラサラまっすぐを実現してくれるはず、と思わずにはいられません。

でも縮毛矯正は半年に一回時間とお金をかけて維持しなければいけないし、ヘアアイロンも毎日使っていると髪の傷みが気になってきます。

髪質によっては朝の努力でサラサラに出来た満足できたのに、外に出たら天気や湿度によって数時間も維持できなかったりすることもありますよね。

そんな日はなんとなく一日ブルーな気持ちになってしまいます。

鏡の中に映ってどうしても気になる、理想通りにならない髪にイライラしてしまうことも、多くの女性にあるあるですよね。

長い間いろいろ試してきて、例えばこんなことに気付くことはありませんか?

サラサラストレートヘアに憧れているし、縮毛矯正でそれを叶えてみたけれど、その髪型の自分を鏡で見ると、なんとなく違和感を覚えるというようなことです。

ライフステージが変われば、髪型に時間やお金をかけていられない時期も出てきますよね。

そんなときにふと、くせ毛のままの自分の姿が妙にしっくり思えることもあったりします。

ああ、自分はくせ毛ごと、この姿かたちで生まれてきたのだなあと、妙に納得する瞬間が訪れる、そんな瞬間が訪れるかもしれません。

もちろんそれでくせ毛が扱いやすくなったり、湿気で広がることがなくなることもないのですが、

ただ少し自分を見直したり、自分自身を好きになれたりする発見があったら素敵ですよね。

髪質が変わることはなかなかありません。基本の髪質はきっと一生つきあい続けることになると思います。

悩みも多いですが、自分の個性のひとつと受け入れて、くせ毛と上手に付き合っていけたらいいですね。

長く悩んだ中で自分に合うヘアケア用品や、自分のくせ毛を理解してくれる美容師さんに出会えたり、「自分の顔」といえる髪型に出会えたなら、それは「天使の輪」くらい幸せなことでしょう。

乾燥毛の多毛少しクセもあり扱いにくい髪質です。

自分で言うのもなんですが、頭の骨格は良いほうのようで、(絶壁でもなければ、ハチ張りでもない)ので髪質さえ良ければビシッと決まるところ、髪質が多毛な上に乾燥毛なので広がり、また、縮毛も混ざっているのでどうにもまとまりにくく、今はやりのゆるふわヘアーのアレンジをしても、寝起きヘアーのようになってしまい、かと言って、アレンジしない場合は、根本をヘアアイロンし毛先はコテでまくなどしないと下ろせない状態になります。

ロングだとぴっしとまとまりあるアレンジしかできず、頭痛にもつながり手間もかかるので、ずっとボブスタイルですが、ボブスタイルでもヘアアイロンをしたり手間がかかります。

美容室に行っても、希望のヘアカタログ通りになった事はあまりなく、大概、縮毛矯正を進められますが、縮毛矯正を繰り返した、ごわつきがある髪質も好きではないのと、髪が伸びてきたさいの根本の膨らみもきになります。また、最近は白髪も増えてきており頻繁にカラーもしているので、ダメージも気になります。

せめて広がりバサつきが抑えられる、ヘアクリームなどがあればいいのですが、クリームも付けた際は収まるのですが、時間が経つとやはりボリュームが出てきてしまいます。せめて、似合う髪型が見つかると嬉しいです。

天然パーマのくせ毛

小さい頃は直毛だった私が、いつのまにがくるくるの天然パーマになった。

ストレートパーマをあてたり、ストレートアイロンをしたり、毎朝憎き天然パーマと戦い続けた。

ある時、バイト先の人に縮毛矯正の存在を教えてもらう。今では当たり前の縮毛矯正。私がおしゃれに目覚めたころ、まだそれは4万円もする高価な美容法だった。

なけなしのお金を握りしめ、調べた中で一番安い縮毛矯正をやっている美容院へ向かった。38000円だった。

4時間後、私はあの毎朝戦っている憎いやつと決別することになった。

サラサラストレート。髪をかき上げてみる。ラーメンを食べるとき不自由になってみる。あこがれていたことが手に入った瞬間だった。

かれこれ30年が過ぎ、気が付いた。

最近髪がギシギシする。縮毛矯正でサラサラになった髪に違和感を持った私はネットで調べまくった。

縮毛矯正をかけ続けると髪が痛むらしい。

そして、最近ではくせ毛風が流行っているらしい。ならばくるくる天然パーマをくせ毛風にしちゃおう。

3か月に一度、4時間2万円、一年で12時間8万円。これをやめる決意をした。

それには相当な我慢が必要った。

ただひたすら縮毛矯正をかけずに、伸びていく髪をじっと待つだけ。かれこれ1年半の単純作業。

やっとストレート部分がなくなった私は、外人風くせ毛の新しい自分を手に入れた。

髪を洗って、ワックスを揉みこむだけの簡単アレンジ。

天然パーマがコンプレックスだった私にとって、「くせ毛風が流行り」とは、宝くじで高額当選したくらい運が回ってきたといえる。