カテゴリー: 育毛

頭皮と髪、それぞれの繊細さ

私は約1年前に突然頭皮の痒みが治まらなくなり、汚い話ですが、フケまで出るようになりました。ちなみに当時21歳です。初めはシャンプーが合わなくなってしまったのかな?と思い、新しいシャンプー、と言っても以前使用したことがあるシャンプーを購入しました。それでもダメで、何回もお試し商品を買って試しました。基本的に何を使っても髪も頭皮も痛まないタイプだったのですが、全く治りませんでした。

プレミオールスターターセットを使ったレビュー

もしやコロナウイルスによる在宅のストレスなのではないかと思い、外を歩いたり、好きなものを食べたりしていましたが、一向によくならず、最終的には病院に行きました。しかし、頭皮に異常はなく、ステロイドの塗り薬のみもらいました。もちろん薬で一時的には良くなりましたが、本当に一時的です。薬がなくなればまた痒くなってしまう。ネットの情報も頼り、なんとか頭皮に合う頭皮ケア商品やシャンプーなどを見つけました。

そうすると髪には合わないのか、いつもベタつきが酷かったです。今は我慢だと思い、そのシャンプーを今も使い続けています。頭皮には合い、髪には合わず、原因もわからず、今も悩み、頭はかなり繊細なの部分なのだと、初めて思い知らされました。

まさかのダブルでやってきた

四十代に入り、だんだんと髪の量が少なくなって来ました。全体的にコシが無いので余計にボリュームがでず、結んだ時の毛束の量にびっくりします。ニューモ

昔はゴム2?3回巻いてちょうどだったのが、今では4回は巻かないとゆるゆるになります。

全体的なボリュームが無いのに加えて、おでこの生え際がどんどん広がっていってます。最初はペンシルで薄毛の部分を足していたけれど、最近ではそれも通用しないぐらいに後退してしまいました。

おでこをまじまじと見つめながら、ああ、父親(髪がありません)からの遺伝だ。と性別も違うのにこんな部分は受け継がれていくんだなぁと、なんとも言えない気持ちになりました。でも、おでこのひろ?い父親、残っている髪の毛は黒々として健康な感じなので、私にも白髪は出来ないだろうと思っていましたが、とうとう白い物を発見してしまいました。

四十代とはいえ、ショックでショックで。

母親は髪の量が多いかわりにほぼ白髪で、毎月の白髪染めがかかせません。どうやら両方の悪い部分だけを受け継いでしまったようです。

鏡を見るたびに悲しくなってしまいますが、せめてこれ以上薄毛や白髪にならない様に、ストレスを溜めることの無いよう毎日を過ごして行きたいものです。

髪のジレンマ

毛先がパサパサなのにカットしたくないのが悩みです。髪を伸ばしている最中だから毛先をカットするのがもったいないと感じます。パサパサの毛先なんて潔くカットしてしまった方がきれいな印象になることは分かっていてもそれが出来ません。だから毎日のようにジレンマを抱えて生きてます。

ノ・アルフレ

髪を伸ばすことをあきらめてしまえばこのジレンマから抜け出せるのですがロングヘアが大好きなんです。だからぱっさぱさの毛先を毎日見ることになってみるとストレスになって困っています。

こんな悩みはいまどきの小学生でもないでしょうね・・・。子供のほうが潔いから傷んだ部分はスパッとカットしそうです。子供の場合は健康な髪がすくすく伸びてきますから傷んだ部分なんて必要ないですよね。でも、中年になれば分かるけど、傷んだ髪でもカットするのは名残惜しいのです。

以前、思い切って傷んだ毛先を10㎝カットしました。美容院へ行くほどでもなかったからお風呂場でちょっとずつカットしたんですが髪を濡らしてカットしたので切りすぎてしまってショックを受けました。本当は5センチ程度カットする予定だったのです。くだらない悩みですが大人になると髪の悩みは増えるばかりです。